経営計画書 補助事業計画書 の組み立て

経営計画書と補助事業計画書をどのように組み立てればいいのでしょうか。

基本的には
 「補助金をなぜ支給しようとしているのか」

を理解することからがスタートのようです。

<事業者を支援>
   ↓

「事業者の事業維持活性化」 →  社会が抱える問題を改善(大義名分)
                 *計画書に表現     
                 *弱者への支援
                 *消費者への貢献                        
              →  事業改善による納税
                 *自社事業の拡大
                 *従業員の賃金アップ 
 
   ↑
<事業者の自助努力>

□ 経営計画書 (様式②)       □ 補助事業計画書(様式③)
  自己が抱える             補助金活用の具体的方法
  強み                 
  弱み
分析 対策
(改善する方向性)      ⇒    *(改善する方向性に基づく
*業界のなかの位置づけ           補助金の具体的活用計画)
*商圏の中の位置づけ
*具体的店舗等との比較 

簡単ですがこのようなイメージだと思います。

次回は
 中小企業診断士 著者 飯田順  税務経理協会
「小規模事業者補助金獲得法」
 *大変参考になります。お薦めします。

を参考に採択事例の内容を確認したいと思います。