小規模事業者持続化補助金

 補助金の入り口、小規模事業者持続化補助金
取り組み易い補助金だと思います。

ただし、小規模事業者には従業員の数に制限があります。
募集要領には、

 卸売業・小売業は常時使用従業員数5人以下。
 製造業20人以下などと記載されています。

細かい内容は募集要領でまず最初に確認が必要です。
昨年度の情報で確認してみましょう。
 そもそも、自分自身が対象者なのか、重要なポイントです。

それでは、概要を簡単に。

1.目的
 小規模事業者の地道な販路開拓等の取り組み、販路開拓とともに行う
業務効率化(生産性向上)の取り組みを支援する。

2.対象者
 「持続的な経営」に向けた「経営計画を策定」している小規模事業者。

3.補助率
  2/3  (上限額は50万円、100万円)

4.対象経費
  広報費、旅費他各種。
  必ずしも設備投資である必要がない点が、使いやすい補助金だと
  思います。

 例えば、
   展示会の出店費用
   ホームページの作成費用
   看板の設置費用
 なども対象です。

5.補助対象期間
 過去の例を見ますと、4月から12月の期間です。
 この期間に支出されるものが対象となります。

 次に、提出書類。
 以下の内容になっています。

1.小規模事業者持続化補助事業に係る申請書
2.経営計画書
3.補助事業計画書
4.事業支援計画書
5.補助金交付申請書

 1.4.5.の書類は必要事項を記載する程度です。

採択は2.3.の資料の内容で決定されることになります。

次回は、2.3.の内容を確認します。