ミラサポの続き

前回、

①平成30年度の募集要領、申請書様式をダウンロードできます。
②過去の採択結果、採択事業の内容等が見ることができます。

こんな感じで、ミラサポ情報を読むことができるようになっている。
というところで終わりました。

平成30年度の募集要領、申請書のダウンロード

をクリックしてみます。

1.本年度の募集は終了したものの、その要領をみると来年度の募集も
 このような感じかなというイメージがつかめます。

 イ.来年度も実施されるとすれば、平成31年4月中旬から7月末までぐらい
  に募集があり、事業計画書などの申請書を提出することになりそうだ。

 ロ.平成31年4月1日の時点で55歳以上が対象だろう。

 ハ.起業に要する経費、空き家を利用する場合の経費が対象だ。

 ニ.平成31年4月1日から平成32年2月末の期間に支出した経費が対象だ。

 ホ.経費の50%、100万円から空き家を利用する場合200万円まで補助が
   受けられそうだ。

 ヘ.事業計画書等の提出が必要となっている。

などの情報が確認できます。

 次は、どのような計画書、申請書が必要なのでしょうか。

平成30年度事業計画書の記入例をダウンロードします。

 この助成金の事業計画書はどのような内容、レベルが求められているのでしょうか。

今年の記入例等を確認して理解することができます。

 この段階から、実質的に第一段階スタートと言えると思います。

早期に計画書を作成し、修正を重ねて準備することができます。

募集期間に初めてスタート、では遅いと思います。

②次は、過去の採択事業一覧をクリックします。

 実際に採択されたプランの事業内容を概略ですが、見ることができます。

どのようなビジネスプランが採用されているのか、大変参考になる情報です。

以上のような流れから補助金の情報を収集して早い段階から計画書の作成を

スタートし次回の募集に備えることが大事になると思います。

次回からは、補助金の入り口としておすすめの

小規模事業者持続化補助金

に入っていきます。